|HOME|
HKP
    株式会社 平和化研は 締結部品(ボルト・ナット・ワッシャ・タッピングネジ等)自動車・弱電・建築部品など
     幅広い分野での 電気亜鉛バレルめっき処理や3価クロメートを専門に行なう金属表面処理加工業です。
株式会社 平和化研
会社概要営業案内設備紹介ISO9001認証採用情報お問い合わせリンク

営業案内

環境プロセス 鍍金プロセス 3価製品 6価製品 プロイズ

鍍金プロセス
電気亜鉛メッキとは、電気によって溶液が分解される「電気分解」を応用したメッキ法です。
水溶液化した金属(電解質亜鉛溶液)とメッキしたい製品(鉄金属)を陰極とし、
亜鉛インゴットを陽極として、双方に電気を流します。
それにより陽イオンは陰極に、陰イオンは陽極に引かれ、メッキ液中の金属陽イオンは
陰極に吊り下げた鉄金属(製品)の上に放電され 製品にメッキが施されます。
電気亜鉛メッキ

 メッキの工程
1.
前処理工程 アルカリ脱脂、水洗
2.
前処理工程 酸処理(表面の洗浄、錆取り)※処理の後に水洗、中和、水洗
3.
前処理工程 電解脱脂による表面活性 水洗 中和
4.
亜鉛メッキ(防錆) 水洗
5.
後処理工程 硝酸活性 水洗 クロム酸皮膜 水洗 湯洗
6.
脱水乾燥仕上げ
亜鉛めっき後のクロメート処理

  クロム酸、または重クロム酸塩を主な成分とする
  溶液中に製品を浸漬して防錆皮膜を生成いたします。

  1.亜鉛めっきの後処理として

  ・光沢クロメート(ユニクロ)…青銀白色で耐食型と外観型がある
  ・有色クロメート…黄金色・虹色で耐食性を重視する場合に処理
  ・黒色クロメート…黒色で耐食性は良好 耐食型と外観型に分かれる
             また耐食型は耐摩耗性にも優れる
  ・緑色クロメート…オリーブ色で、使用環境が過酷な製品に処理

  ・3価クロメート…3価ホワイト 白色で6価クロムを含まない 環境対応クロム酸処理 他に3価ユニクロ   
             3価ブラックと6価クロム処理の代替として用いられる環境対応クロム酸処理
             有害な6価クロムに代わって、毒性の少ない代表的な処理です。

  JISでは、
  「クロム酸または重クロム酸塩を主成分とする溶液中に
  品物を浸漬し、科学的に防錆皮膜を生成させる方法」




Copyright(C) 2011 Heiwa-Kaken Co.,Ltd. All Rights Reserved.